N64風のローポリキャラ!元レア開発者が贈る『Yooka-Laylee』新キャラ映像

バンジョーとカズーイの大冒険』の精神的後継作として、レア社の元スタッフらが在籍するPlaytonic Studios開発の新作3Dプラットフォーマー『Yooka-Laylee』。IGNが行った最新のデベロッパーインタビューにて、ローポリスタイルのレトロな新キャラクターRextro Sixtyfourusが初公開、アニメーション映像が披露されました。

『スーパードンキーコング』シリーズや『カメオ:エレメンツ オブ パワー』のMark Stevenson氏がデザインを手掛けているこのキャラクター。ローポリスタイルの造形は『Donkey Kong 64』の開発経験からインスピレーションを受けているとして、レトロ感を演出するためにスキャンライン風のエフェクトも採用しているようです。当時のニンテンドウ64ゲーム風味溢れるRextroですが、ゲーム本編には各レベルに隠されているアーケードマシンを守るキャラクターとして登場するとのこと。

Kickstarterで200万英ポンド(約4億円)の資金調達を達成し、PC/PS4/Xbox One/Wii Uを対象に2016年10月に海外でリリース予定の『Yooka-Laylee』。販売はTeam17が担当します。

広告

注目作『Indivisible』新規目標が判明―フルボイス/マルチエンディング実現なるか?

クラウドファンディングキャンペーンの期限間近にして目標額150万ドルへの到達を果たし、無事開発続行が決定した新作アクションRPG『Indivisible』。『Skullgirls』のLab Zero Gamesが手掛ける本作ですが、Indiegogoのキャンペーンページにて更なるストレッチゴールが伝えられています。

今回発表されたストレッチゴールは、205万ドル到達で「全てのメインキャラクターのフルボイス化」、230万ドル到達で「マルチエンディングとハードコアボーナスダンジョンの追加」となります。現状はバトル時や、ストーリーの重要なシーンにおいてのみボイスが再生される仕様とのこと。

今月初頭の目標額達成から、既に資金調達額は190万ドルへと増加しており、過去にストレッチゴールとして設定された菊田裕樹氏による1時間分の新規音楽追加(165万ドル達成項目)、Titmouseともう1つの制作スタジオによるオープニングアニメーション(190万ドル達成項目)は見事実現を果たしています。現在もIndiegogoを通して支援が可能となっているので、続報に注目しましょう。

「フォースの覚醒」題材の『LEGO Star Wars: The Force Awakens』発表!初公開トレイラー

Warner Bros. Interactive Entertainmentは、TT Gamesが開発を手掛けるLEGOゲームシリーズ最新作『LEGO Star Wars: The Force Awakens』を発表しました。対象プラットフォームはPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Wii U/PS Vita/3DS/PCで、リリース日は海外で6月28日を予定。

本作はこれまでのLEGOゲームシリーズと同様に、題材となる映画作品「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」をベースに、映画の印象的なシーンの数々が本シリーズならではのユーモアで再現。これに加え、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」から「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」間の出来事を描く新たなストーリーも導入、ビルド/戦闘/操縦の真新しいゲームメカニックスもフィーチャーしているとのこと。

写真じゃない!UE4で制作された超リアルな風景映像

ストックホルムのアーティストRense de Boer氏が、EpicのゲームエンジンUnreal Engine 4を用いて実写映像のような美麗な映像を制作、公開しています。

映像はUE4を使用したリアルタイムグラフィックで、制作したRense de Boer氏は『Battlefield』シリーズや『STAR WARS バトルフロント』で知られるDICEに所属していたアーティスト。映像の制作には、昨今話題になっている技術「フォトグラメトリー」を用いているそうです。

『Call of Duty: Infinite Warfare』トレイラー映像がHuluで早期配信! 海外発売日は11月4日

5月3日未明よりライブストリーミングが配信されるInfinity Ward開発の『CoD』シリーズ最新作ですが、Huluにて最新トレイラーが早期公開され、タイトルが『Call of Duty: Infinite Warfare』であること、そして海外発売日が2016年11月4日であることが判明しました。ストーリーなど細かな情報などは伝えられていませんが、トレイラーには大気圏外で行われるド迫力の宇宙戦闘などが収められています。

『Forza』シリーズの進化映像を海外チャンネルが紹介―最新作はほぼ実写?

海外YouTubeチャンネルのINDIEACHIEVEMENTは、マイクロソフトが販売するレーシングシミュレーター『Forza』の歴代シリーズのゲーム映像を公開しています。

この映像には、初代Xbox向けに発売された記念すべき第1作目『Forza Motorsport』からオープンワールドが特徴の『Forza Horizon』をはじめとしたプレイシーンが収められています。特に、2015年に発売された『Forza Motorsport 6』のプレイ映像は、まるで実写のようです。コースの自然風景の美しさはもちろんのこと、車の窓ガラスに雨水が付く描写などに思わず息を呑んでしまいます。

ちなみに、『Forza』シリーズ最新作となる『Forza Horizon 3』は、Xbox One/Windows 10を対象に2016年9月29日に発売予定。アーリーアクセス版の『Forza Horizon 3 アルティメット版』は発売中です。

『CoD: MWR』PS3版との比較映像―マルチプレイマップが生まれ変わる

『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』の一部エディションに収録されているリマスター『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』。本作PS4版とPS3オリジナル版のマルチプレイヤー用マップ比較映像が海外メディアより公開されています。

ローンチ時にオリジナル版の人気マップが厳選してリマスターされている本作では、オリジナル版プレイヤーなら思わず懐かしんでしまう名マップが収録。IGNより公開中の映像においては、その中からCrashやBacklotなど、いくつかの比較映像を公開しており、同じ構成のマップでさえ違った印象を与えてくれるリマスター版の美麗さを確認できます。

『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』は国内で11月4日より発売中の『Call of Duty: Infinite Warfare』デジタルデラックスエディション/デジタルレガシーエディション(PC/Xbox One)、レガシーエディション/ダウンロード特別版(PS4)に収録されています。