紅白歌合戦、偽造入場券が大量に出回り被害者続出していた

紅組が4年ぶりに勝利した大晦日のNHK紅白歌合戦。そんな中、舞台となったNHKホールでは、例年にない異様な事態が起こっていた。なんと、次から次へと、入場を断られる人が出ていたのだ。

「本当に目の前が真っ暗になりました。せっかく楽しみにしていたのに、最悪の大晦日になってしまいました」

そう話すのは、NHK紅白歌合戦の入場券を手にした30代女性のA子さん。だが、彼女の入場券は、精巧に偽造されたものだった。

「私は早めの時間に会場のNHKホールに行きました。まずはハガキを警備員さんに見せるのですが、そこでは止められることはありませんでした。ですが、NHK職員の方がブラックライトを当ててハガキをチェックすると、その方があと2人の職員を呼んで詳しく調べ出したんです。そして、“これはNHKが正式に発行したものではないので、入場できません”と言われたのです」(前出・A子さん)

彼女の入場券は赤字の上に透かしのような青いインクで住所と氏名そして“売買禁止”と書かれた文字も記載されている。本物と比べても、すぐに区別はできないほどだ。

同じように偽造入場券だった30代男性のBさんは、異様な光景を目撃している。

「私も偽造であることがわかり、入り口で茫然と立ちつくしたんです。そうしたら、10分くらいの間に、3人の偽造入場券を持った方が来られたんです。中にはその場で泣き崩れる女性もいらっしゃいましたね。その場にいたNHKの方に聞いたら、すでに何十人もの方が偽造入場券を持って来られたそうです」

過去にも紅白の偽造入場券が作られ、逮捕者が出たケースはある。だが、あるNHK関係者は戸惑いの声を上げる。

「ここまで大量に偽造入場券が出回ったのは初めてです。偽物のため入場を断った人は20人、30人ではきかなかったと思います。局内でも大きな問題になっていますよ」

そこでNHKに被害の実態を問い合わせると、偽造入場券の存在は認めつつも、「警察の捜査に協力している段階であり、回答は差し控えます」と詳細は明らかにしない。

恐竜FPS『Turok』PC再リリース版は12月17日に発売―視野角や描写距離向上

Night Dive Studiosは、現行OSに対応させた恐竜FPS『Turok』をSteam/GOG/Humbleで12月17日にリリースすると告知しました。

本作は、もともとIguana Entertainmentが開発したFPSで、国内では1997年にN64版が『時空戦士テュロック』として、1998年にPC版が『Turok: Dinosaur Hunter』としてリリースされたタイトル。プレイヤーは、救世主として任命されたネイティブ・アメリカンの戦士テュロックとなり、ロストランドで破界神キャンペイナーの野望を阻止するために戦います。

この再リリース版では、オリジナルより解像度と描写距離が向上。他にもワイド画面に対応したことで、視野角が広くなったことにより快適なプレイが期待できそうです。また、オリジナルの初代『Turok』以外にも続編の『Turok 2: Seeds of Evil』の再リリースも予定しています。

「MOTHER」ほぼ日手帳とヴィレヴァンがコラボ!カバーとグッズ下北沢店で販売、「Onett」も再販

多彩なラインナップを毎年リリースしている「ほぼ日手帳」とヴィレッジヴァンガード下北沢がコラボレーションするポップアップストアイベントが、11月21日から12月6日に渡って開催されます。

このイベント期間限定で、「MOTHER2」の手帳カバー「CAST」「サターンバレー」、ほぼ日手帳WEEKSの「どせいさん」、そして「どせいさんのケース・ポーチ」を、ヴィレッジヴァンガード下北沢にて販売。ほぼ日手帳カバーには、「おまけクリアブックマーク」も付属します。

さらに今回のイベントでは、2015年版の手帳カバー「Onett」も特別に再販売。こちらには「どせいさん下敷き」がついてくるので、昨年買い逃した方にとってはまたとないチャンスと言えるでしょう。このほかにも『MOTHER』シリーズのガチャガチャ設置など、本シリーズのファンが喜ぶ企画も多数用意。手帳だけでなく、様々な催しが楽しめます。

【お楽しみ企画】(イベント告知ページより抜粋)
■「サターンバレー」記念撮影ブース
「MOTHER2」でどせいさんが暮らす村、サターンバレーを背景に記念撮影ができる特製ブースをご用意します。「ほぼ日手帳2016」のカバーとしても使用されているステージで、MOTHERコスプレをした店員さんやどせいさんの大きなぬいぐるみといっしょに記念の1枚をぜひどうぞ。「おもいでの しゃしんを とりますからねー。さあ こっちむいて とりますよーっ! チーズ サンドイッチ!」

■店内スタンプラリー
ヴィレッジヴァンガード下北沢の店内にネス、ポーラ、ジェフ、プー、どせいさんの来店記念スタンプを設置します。どこに置かれているか、店内を探してみてくださいね。スタンプ用の特製台紙をご用意しているほか、いまお使いの「ほぼ日手帳」やノートなど、ほかのものに押していただいてもOKです。

■3日間限定ショッピング袋(11月21日、22日、23日限定)
ヴィレッジヴァンガード下北沢のお買物袋が、11月21日、22日、23日の3連休限定で、「MOTHER2」特別バージョンに変わります。ポップアップストア企画の商品だけでなく、ヴィレッジヴァンガード下北沢でお買い上げいただく全商品が対象です。かわいらしい真っ赤などせいさんの袋は、下北沢の中でも、かなり目立つはず。

・おひとり様1枚限りとさせてください。
・ご来店が見込まれるお客さまの人数に対して十分な枚数をご用意していますが、袋がなくなり次第終了となります。ご了承ください。

■ITOISHIGESATOコーナー
「MOTHER」シリーズの生みの親であり、「ほぼ日手帳」をつくっている糸井重里。「ほぼ日」から出ている糸井の著作をはじめ、これまでに糸井が編集した書籍や関連グッズを、ヴィレッジヴァンガード下北沢のセンスでコレクションされたコーナーが用意されます。糸井の仕事や趣味が反映されているものや「なぜこれが!?」といったものまで、どんな商品が並ぶのかぜひご期待ください。

TVアニメ「PSO2」監督は川口敬一郎…キャストに蒼井翔太、諏訪彩花、M・A・O

zsd
セガゲームスは、TVアニメ「ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション」のスタッフと一部キャストを発表しました。

人気オンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』のアニメ版となる本作では、近未来の地球を舞台とした完全オリジナルストーリーで、『PSO2』をめぐる、あなたの隣にいるかもしれないプレイヤーたちの物語が展開します。

監督は「ハヤテのごとく!」「絶対可憐チルドレン」の川口敬一郎氏、シリーズ構成は「新テニスの王子様」「幕末Rock」の広田光毅氏、アニメーション制作は「戦国BASARA Judge End」「ルパン三世」のテレコム・アニメーションフィルムが担当。またキャストには、蒼井翔太さん、諏訪彩花さん、M・A・Oさんの参加が決定。2016年にTBS、BS-TBSほかには放送開始予定です。

『Gone Home』開発元の新作ADV『Tacoma』序盤5分を収めたアルファ版プレイフッテージ

海外メディアGame Informerは、『Gone Home』で知られるゲームデベロッパーThe Fullbright Companyが手掛ける新作SFアドベンチャー『Tacoma』の最新プレイ映像を公開しました。

各所に散りばめられたSFテイストなディテールが魅了的なE3 2015デモ映像も記憶に新しい『Tacoma』。Game Informerを通して披露された新たなアルファ版ムービーでは、本作の序盤5分ほどのプレイシーンが映されています。無人の宇宙ステーションを舞台にした謎めいたシナリオを解き明かす探索シーンでは、過去作『Gone Home』にも似たゲーム性や、SFらしい設定を活かした印象的な演出を確認できます。

マビノギ英雄伝 RMT

DMM、「ドローン」のレンタルサービスをスタート!送料無料キャンペーン実施中

DMM.comは、6月15日より「いろいろレンタルサービス」にて、ドローンのレンタルを開始しました。

「いろいろレンタルサービス」は家電やベビー用品、 スーツケースなど、 多種多様な商品をお手頃な価格でレンタルできるサービスです。2日の短期から30日間の長期までレンタルでき、 返却も自宅への集荷が行われているため、 必要なときに必要な期間だけ気軽に商品を借りることができます。

今回、このサービスにて「ドローン」のレンタルが開始されました。レンタル対象モデルは、「パロット ミニドローンズ ローリング スパイダー」と「パロット AR.Drone 2.0」の2機種。他機種のドローンも追加予定とのこと。レンタルは2日~最大30日間可能で、 レンタル料金は3,040円からとなっています。

更に、今なら送料無料キャンペーン中。興味はあるけれど購入を迷っている方や、話題のドローンとはどんなものなのか試してみたい方はチャンスとなっていますので是非利用してみてください。

『P4D』×オーディオブランド「DENON」コラボが決定!あのヘッドホンがゲーム内に登場

アトラスは、PS Vita『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』において、「DENON」とのコラボレーション情報を公開しました。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』は、RPG『ペルソナ4』に登場するキャラクターたちがダンスを繰り広げるPサウンドアクションゲームです。主人公の「鳴上悠」をはじめ、さまざまなキャラクターたちがペルソナサウンドにあわせてダンスをするので、プレイヤーはリズムに合わせてボタンを押していきます。

今回は、本作とオーディオブランド「DENON」のコラボレーションが決定したと明らかに。ゲーム内にDENONヘッドホンが登場するほか、「春のヘッドホン祭2015」のDENONスペースにて本作の関連イベントが実施されます。

◆コラボ詳細

本作には、4種類のDENONヘッドホンが登場。それぞれのキャラクターがヘッドホンを身につけた画面写真も公開されています。アラド RMT