カテゴリー別アーカイブ: ニュース

イタリア、まさかの予選敗退。W杯の“12年サイクル”に終焉

ロシアW杯欧州予選のプレーオフで、スウェーデン代表に合計スコア0-1で敗北したイタリア代表は、60年ぶりにW杯出場を逃した。それと同時に、12年サイクルで訪れていたジンクスも途切れることとなっている。

これまでW杯優勝を4度経験している名門イタリアは、1970年のメキシコ大会で準優勝して以降、奇妙なデータを残していた。

それは、12年の周期で必ず決勝まで駒を進めるというもの。メキシコ大会から12年後のスペイン大会では、決勝で西ドイツを倒し優勝。その後の1994年のアメリカ大会では、アリーゴ・サッキ監督に率いるイタリアは、決勝までこぎつけるも最後はPK戦でブラジル相手に敗れている。

そして、最も記憶に新しいのが2006年のドイツ大会。各ポジションにタレントをそろえたマルセロ・リッピ監督のイタリアは、開催国ドイツを延長戦の末倒し、決勝ではPKまでもつれた戦いを制し、見事優勝を手にした。

この“12年サイクル”の法則からすれば、ドイツ大会から12年後に当たる今回のロシアW杯は、イタリア代表にとって大きな期待のかかる大会となっていた。しかし、最終的には、3大会ぶりの本戦出場をかけて挑んできたスウェーデン相手に阻まれる形となり、新たな船出を余儀なくされている。

広告

「PSO2」、大型アップデート第2弾前編「荒野に舞う戦火」パート2実装

今回は、「アークスバトルトーナメント2017」の熱戦も記憶に新しいバトルアリーナのアップデートが実装された。

 ソードとアサルトライフルが、パルチザンとツインマシンガンに入れ替えられたほか、据え置きのジェットブーツやバレットボウ、さらにスキルにもバランス調整が加わっている。また、交換アイテムや報酬アイテムも追加された。

■バトルアリーナ:エンブレム争奪戦□一部武器の入れ替え

 バトルアリーナで使用される武器が一部入れ替わり、ソードとアサルトライフルの代わりに、パルチザンとツインマシンガンが使用可能となる。

【スクリーンショット】

【パルチザンの特徴】

 バトルアリーナのパルチザンは、非常に強力な突進PA「アサルトバスター」が使える接近戦向きの武器。PAを当てることができれば、ほとんどの相手は一撃で倒すことができる。

【パルチザン】

【ツインマシンガンの特徴】

 バトルアリーナのツインマシンガンは、中距離向きの武器。
 PAの「サテライトエイム」は大きく性能が変更され、遠くまで届く射撃を2回行なうことができる。命中時ののけ反り効果が大きく、ヒットさせると有利な状況で攻撃を続けることができる。

「Humble Saints Row Bundle」販売―最新作『Agents of Mayhem』の予約購入も

格安バンドルを提供するゲーム配信サイトHumble Bundleは、「Humble Saints Row Bundle」の販売を開始しました。

このバンドルには、『Saints Row』シリーズをはじめ、『Risen 3』や『Homefront』等のDeep Silver作品が多数ラインナップされています。さらに、75ドル以上投入すれば、同社の最新作『Agents of Mayhem』の予約購入も可能です。

加えて、記事執筆日から一週間後にラインナップが追加される予定なので、気になる読者はチェックしておきましょう。

「Humble Saints Row Bundle」
1ドル以上
『Risen 3: Titan Lords Complete Edition』
『Deadlight: Director’s Cut』
『Homefront』
『Saints Row 2』

全体の投入金額の平均以上(記事執筆時点では4.90ドル)
『Saints Row: The Third』
『Saints Row: Gat Out of Hell』
『Mighty No. 9』
『Killer is Dead – Nightmare Edition』
More games coming soon!

15ドル以上
『Homefront: The Revolution Standard Edition』
『Saints Row IV: Game of the Century Edition』
『Saints Row: The Third – The Full Package』
『Saint’s Row: Gat Out of Hell – Devil’s Workshop Pack』

75ドル以上
『Agents of Mayhem』の予約購入

『レインボーシックス シージ』コンソール版プレイヤーがPC版技術テストへ参加可能に

『オーバーウォッチ』のPublic Test Region(PTR)や『Battlefield』シリーズの(Community Test Environment)など、一部PCゲームでは正式リリース前のコンテンツをプレイヤーがテストできる仕組みがありますが、Ubisoftは『レインボーシックス シージRainbow Six Siege)』PC版のTechnical Test Server(TTS)に、コンソール版プレイヤーが参加できるようにすることを明らかにしました。

コミュニティーマネージャーCraig Robinson氏がredditで行った報告によれば、UbisoftはXbox One版またはPS4版所有者への招待をまもなく波状的に開始。招待を受け取ったプレイヤーはテストが始まった際、PCのUplayクライアントにテスト版が表示されるそうです。

『レインボーシックス シージ』は5月に品質改善を中心とした「オペレーション ヘルス」の実施が発表されていましたが、今回の決定もその一環なのかもしれません。次回TTSの日程はいまのところ未定。今後の続報を待ちましょう。

「プロジェクト東京ドールズ」ポタフェス2017とのコラボが決定―ゲームではイベントを、会場ではスペシャルステージ

「プロジェクト東京ドールズ」と、7月15日(土)・16日(日)にベルサール秋葉原にて開催される「ポタフェス」との限定コラボが実施されることとなった。

14日からは期間限定でゲーム内コラボイベントを実施、15日には会場の特設ステージにて、スペシャルなプレゼントも用意される、本作のヒロインキャラクターを演じる声優3名によるトークショーが開催。また、本コラボを記念した限定メインビジュアル、「DOLLSチームA」の描き下ろしイラストを制作し、ゲーム内や「ポタフェス」会場などで披露される。

以下の期間中、「ポタフェス」とのコラボを記念した期間限定ゲーム内イベントを開催いたします。

本イベントでは、コラボ限定ストーリーが登場する他、人気ヘッドフォンメーカー「Skullcandy」とコラボした「限定ヘッドフォンアバター」を手に入れることができます。

38年の時を経て、大竹しのぶが再び挑む伝説のミュージカル

38年前、22歳の大竹しのぶが主演した伝説のミュージカル『にんじん』。原作はジュール・ルナール原作の児童文学。フランスの片田舎を舞台に、真っ赤な髪にそばかすだらけの顔をした少年“にんじん”と彼を取り巻く家族の物語だ。今回、その“にんじん”を演じるのは、初演時22歳で同役を演じた大竹しのぶ。この7月で還暦を迎える大竹が、38年のときを経て10代の少年役に挑む。このたび行なわれた製作発表記者会見には、大竹しのぶ、中山優馬、宇梶剛士、キムラ緑子らが出席。それぞれが公演への思いを語った。

【そのほかの画像はこちら】

主演を務める大竹は、「38年ぶりに、にんじんと出会えることになりました」とうれしそうな表情を見せる。「もう一度やりたい役は何か聞かれ、ぱっと浮かんだのがこのにんじんでした。演じたのは38年前ですが、歌も全部覚えていてそれだけ心に残っている作品。友人や兄弟に“わたしまた今度にんじんやることになったの”と話しても、みんな1回観ただけなのに歌詞や曲を覚えていて。そのくらい、音楽、芝居というのは人の心に生き続けるものなのだなと、改めて教えてくれた作品でもあります」と、38年ぶりの再演に熱い思いをにじませた。

そして大竹とは初共演になる中山は、兄・フェリックス役を演じる。大竹との共演に心躍らせる半面、役を聞いたときは驚いたそう。「はじめてこのお話をいただいたとき、大竹さんと共演させていただけると聞き、やったー!と思っていたら、大竹さんの兄役だと言われ、何かの間違いじゃないのかな?というところからはじまりました(笑)。台本も読ませていただきましたが、自分にはまだまだ足りないところがあるので、稽古場で色々つかんで、一生懸命演じていきたいと思います。」と、真摯に決意を口にした。

ミュージカル初出演となる宇梶は父親役を演じる。「原作も読みましたが、どうも名付け親以外はそんなにいい人が出てこない(笑)。個人が悪いとかではなく、閉塞した状況の中で人間がもがきながら生きている話だなぁと思いました。様々な葛藤が書かれていますが、観たみなさんが我がことのように感じていただけたら良いのかなと」と語った。

母親役のキムラ緑子は、オファーが来た際にんじんを大好きな少女の役だと思い、14~16歳を演じられると楽しみにしていたという。「蓋を開けてみると『あっ、いじめるほうだったんですね』と。困ったなぁ、という感じです」と笑う。「わたしは厳しく苛め抜く役ですが、必死で生き抜くにんじん少年の横に、しのぶさんと共に並ぶことができて幸せだなぁと思います」と話した。

38年ぶりににんじんを演じる大竹はもちろん、豪華キャストが揃い、栗山民也の新演出と期待の高まる今作品。親子2世代で『にんじん』を読んだ方も多いはず。そんな家族揃っての観劇にもうれしい子ども料金も設けられているほか、桟敷席の販売も。夏休みには家族揃って“にんじん”に会いに行こう。公演は8月1日(火)から8月27日(日)まで新橋演舞場、9月1日(金)から9月10日(日)まで大阪松竹座で上演。東京公演は6月25日(日)より一般発売開始。