『レインボーシックス シージ』コンソール版プレイヤーがPC版技術テストへ参加可能に

『オーバーウォッチ』のPublic Test Region(PTR)や『Battlefield』シリーズの(Community Test Environment)など、一部PCゲームでは正式リリース前のコンテンツをプレイヤーがテストできる仕組みがありますが、Ubisoftは『レインボーシックス シージRainbow Six Siege)』PC版のTechnical Test Server(TTS)に、コンソール版プレイヤーが参加できるようにすることを明らかにしました。

コミュニティーマネージャーCraig Robinson氏がredditで行った報告によれば、UbisoftはXbox One版またはPS4版所有者への招待をまもなく波状的に開始。招待を受け取ったプレイヤーはテストが始まった際、PCのUplayクライアントにテスト版が表示されるそうです。

『レインボーシックス シージ』は5月に品質改善を中心とした「オペレーション ヘルス」の実施が発表されていましたが、今回の決定もその一環なのかもしれません。次回TTSの日程はいまのところ未定。今後の続報を待ちましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中