注目記事

『ぷよぷよ』25周年を記念した“ぷよにこテレビ”、出演者&視聴URLが決定!

セガゲームスは、『ぷよぷよ』25周年記念番組として2016年2月25日にニコニコ生放送にて放送予定の“ぷよにこテレビ”について、出演者と視聴URLを発表した。
2016-02-15 17:00:00
闘会議 2016 – ネットとリアルを融合した、ゲーム実況とゲーム大会の祭典 – ファミ通.com特設サイト
記事にコメントする
見る

●アルル役でおなじみの園崎未恵さんなど豪華声優陣が登場

 『ぷよぷよ』が25周年を迎えることを記念して、セガゲームスは、ニコニコ生放送にて記念番組“ぷよにこテレビ”を2016年2月25日に放送する。同番組の出演者および視聴URLが発表された。

 以下、リリースより。

ぷよニコキービジュアル
 25周年を記念した放送には、アルル、クルーク他役でおなじみの園崎未恵さん、すけとうだら他役の菅沼久義さん、ルルー役の近藤佳奈子さん、ウィッチ役の佐倉薫さん、ラグナス役の三木晶さんの豪華5名がゲストとして登場。
 豪華ゲストによる“生!まんざいデモ”など、おなじみのコーナーをはじめとした25 周年ならではのお祝いコンテンツ盛りだくさんでお届けしますので、ぜひご覧ください。

【“ぷよにこテレビ”~「ぷよぷよ」シリーズ25 周年記念~概要】
◇放送日 2月25日(木) 18:30~22:40(250 分間)
◇視聴URL⇒こちら
◇内容
 25周年特別企画
 『ぷよぷよ!!クエスト』『ぷよぷよ!!タッチ』新情報や実機プレイ
 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』の実機プレイ
 『ぷよぷよテトリス』など
◇MC
 キャン×キャンさん、椿姫彩菜さん
◇ゲスト
 園崎 未恵さん(CV:アルル、クルーク他)
 菅沼久義さん(CV:すけとうだら 他)
 近藤佳奈子さん(CV:ルルー)
 佐倉 薫さん(CV:ウィッチ)
 三木晶さん(CV:ラグナス)
◇出演者
 「ぷよぷよ」シリーズ総合プロデューサー 細山田 水紀
 『ぷよぷよ!!タッチ』 開発ディレクター 吉永 匠
 『ぷよぷよ!!クエスト』 運営スタッフ 中曽根 智也
 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』開発スタッフ 福富 浩二

広告
注目記事

自民議員「従軍慰安婦は売春婦」 桜田義孝氏、党会合で発言

自民党本部で14日開かれた外交・経済連携本部などの合同会議で、同党の桜田義孝元文部科学副大臣(衆院千葉8区)が従軍慰安婦について「職業としての売春婦だった。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされすぎだ」と発言した。日韓両政府は昨年12月末、慰安婦問題に関し、日本が軍の関与や政府の責任を認める内容で合意している。

 菅義偉官房長官は記者会見で「いちいち議員の発言に答えるべきではない。昨年に日韓両外相が合意したことに尽きる」と述べた。

注目記事

紅白歌合戦、偽造入場券が大量に出回り被害者続出していた

紅組が4年ぶりに勝利した大晦日のNHK紅白歌合戦。そんな中、舞台となったNHKホールでは、例年にない異様な事態が起こっていた。なんと、次から次へと、入場を断られる人が出ていたのだ。

「本当に目の前が真っ暗になりました。せっかく楽しみにしていたのに、最悪の大晦日になってしまいました」

そう話すのは、NHK紅白歌合戦の入場券を手にした30代女性のA子さん。だが、彼女の入場券は、精巧に偽造されたものだった。

「私は早めの時間に会場のNHKホールに行きました。まずはハガキを警備員さんに見せるのですが、そこでは止められることはありませんでした。ですが、NHK職員の方がブラックライトを当ててハガキをチェックすると、その方があと2人の職員を呼んで詳しく調べ出したんです。そして、“これはNHKが正式に発行したものではないので、入場できません”と言われたのです」(前出・A子さん)

彼女の入場券は赤字の上に透かしのような青いインクで住所と氏名そして“売買禁止”と書かれた文字も記載されている。本物と比べても、すぐに区別はできないほどだ。

同じように偽造入場券だった30代男性のBさんは、異様な光景を目撃している。

「私も偽造であることがわかり、入り口で茫然と立ちつくしたんです。そうしたら、10分くらいの間に、3人の偽造入場券を持った方が来られたんです。中にはその場で泣き崩れる女性もいらっしゃいましたね。その場にいたNHKの方に聞いたら、すでに何十人もの方が偽造入場券を持って来られたそうです」

過去にも紅白の偽造入場券が作られ、逮捕者が出たケースはある。だが、あるNHK関係者は戸惑いの声を上げる。

「ここまで大量に偽造入場券が出回ったのは初めてです。偽物のため入場を断った人は20人、30人ではきかなかったと思います。局内でも大きな問題になっていますよ」

そこでNHKに被害の実態を問い合わせると、偽造入場券の存在は認めつつも、「警察の捜査に協力している段階であり、回答は差し控えます」と詳細は明らかにしない。

注目記事

恐竜FPS『Turok』PC再リリース版は12月17日に発売―視野角や描写距離向上

Night Dive Studiosは、現行OSに対応させた恐竜FPS『Turok』をSteam/GOG/Humbleで12月17日にリリースすると告知しました。

本作は、もともとIguana Entertainmentが開発したFPSで、国内では1997年にN64版が『時空戦士テュロック』として、1998年にPC版が『Turok: Dinosaur Hunter』としてリリースされたタイトル。プレイヤーは、救世主として任命されたネイティブ・アメリカンの戦士テュロックとなり、ロストランドで破界神キャンペイナーの野望を阻止するために戦います。

この再リリース版では、オリジナルより解像度と描写距離が向上。他にもワイド画面に対応したことで、視野角が広くなったことにより快適なプレイが期待できそうです。また、オリジナルの初代『Turok』以外にも続編の『Turok 2: Seeds of Evil』の再リリースも予定しています。

写真じゃない!UE4で制作された超リアルな風景映像

ストックホルムのアーティストRense de Boer氏が、EpicのゲームエンジンUnreal Engine 4を用いて実写映像のような美麗な映像を制作、公開しています。

映像はUE4を使用したリアルタイムグラフィックで、制作したRense de Boer氏は『Battlefield』シリーズや『STAR WARS バトルフロント』で知られるDICEに所属していたアーティスト。映像の制作には、昨今話題になっている技術「フォトグラメトリー」を用いているそうです。

『Call of Duty: Infinite Warfare』トレイラー映像がHuluで早期配信! 海外発売日は11月4日

5月3日未明よりライブストリーミングが配信されるInfinity Ward開発の『CoD』シリーズ最新作ですが、Huluにて最新トレイラーが早期公開され、タイトルが『Call of Duty: Infinite Warfare』であること、そして海外発売日が2016年11月4日であることが判明しました。ストーリーなど細かな情報などは伝えられていませんが、トレイラーには大気圏外で行われるド迫力の宇宙戦闘などが収められています。

『Forza』シリーズの進化映像を海外チャンネルが紹介―最新作はほぼ実写?

海外YouTubeチャンネルのINDIEACHIEVEMENTは、マイクロソフトが販売するレーシングシミュレーター『Forza』の歴代シリーズのゲーム映像を公開しています。

この映像には、初代Xbox向けに発売された記念すべき第1作目『Forza Motorsport』からオープンワールドが特徴の『Forza Horizon』をはじめとしたプレイシーンが収められています。特に、2015年に発売された『Forza Motorsport 6』のプレイ映像は、まるで実写のようです。コースの自然風景の美しさはもちろんのこと、車の窓ガラスに雨水が付く描写などに思わず息を呑んでしまいます。

ちなみに、『Forza』シリーズ最新作となる『Forza Horizon 3』は、Xbox One/Windows 10を対象に2016年9月29日に発売予定。アーリーアクセス版の『Forza Horizon 3 アルティメット版』は発売中です。

『CoD: MWR』PS3版との比較映像―マルチプレイマップが生まれ変わる

『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』の一部エディションに収録されているリマスター『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』。本作PS4版とPS3オリジナル版のマルチプレイヤー用マップ比較映像が海外メディアより公開されています。

ローンチ時にオリジナル版の人気マップが厳選してリマスターされている本作では、オリジナル版プレイヤーなら思わず懐かしんでしまう名マップが収録。IGNより公開中の映像においては、その中からCrashやBacklotなど、いくつかの比較映像を公開しており、同じ構成のマップでさえ違った印象を与えてくれるリマスター版の美麗さを確認できます。

『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』は国内で11月4日より発売中の『Call of Duty: Infinite Warfare』デジタルデラックスエディション/デジタルレガシーエディション(PC/Xbox One)、レガシーエディション/ダウンロード特別版(PS4)に収録されています。

「PSO2」、大型アップデート第2弾前編「荒野に舞う戦火」パート2実装

今回は、「アークスバトルトーナメント2017」の熱戦も記憶に新しいバトルアリーナのアップデートが実装された。

 ソードとアサルトライフルが、パルチザンとツインマシンガンに入れ替えられたほか、据え置きのジェットブーツやバレットボウ、さらにスキルにもバランス調整が加わっている。また、交換アイテムや報酬アイテムも追加された。

■バトルアリーナ:エンブレム争奪戦□一部武器の入れ替え

 バトルアリーナで使用される武器が一部入れ替わり、ソードとアサルトライフルの代わりに、パルチザンとツインマシンガンが使用可能となる。

【スクリーンショット】

【パルチザンの特徴】

 バトルアリーナのパルチザンは、非常に強力な突進PA「アサルトバスター」が使える接近戦向きの武器。PAを当てることができれば、ほとんどの相手は一撃で倒すことができる。

【パルチザン】

【ツインマシンガンの特徴】

 バトルアリーナのツインマシンガンは、中距離向きの武器。
 PAの「サテライトエイム」は大きく性能が変更され、遠くまで届く射撃を2回行なうことができる。命中時ののけ反り効果が大きく、ヒットさせると有利な状況で攻撃を続けることができる。

『オーバーウォッチ』デスマッチモード実装の新アップデートリリース!ジャンクラットやロードホッグ強化も

Blizzard Entertainmentの人気FPS『オーバーウォッチ(Overwatch)』。同作にデスマッチ及びチームデスマッチの実装と、ヒーローのバランス調整などを行うアップデートがリリースされています。

このアップデートでは、新モード2種のほか、ジャンクラット、ロードホッグ、オリーサ、ウィドウメイカーに強化方向でのバランス調整が実施。また、“ライバル・プレイ”のシーズン期間が2ヶ月へと短縮。それに伴った調整がなされています。

ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?

8月23日(水)、秋葉原で行われた「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」の決勝戦イベントに行ってきました。決勝戦には4組のチームが勝ち上がったのですが、なんとその中の1つは、我らが「GameSpark」編集部のチーム。これは応援せざるをえません。そんなわけで、大いに盛り上がった現場の様子をお伝えしましょう。

◆決勝戦とあって、出てくる作品は力作揃い!
本大会は、LEGOブロックを自由に組み合わせて、世界を思いのままに構築できるPS4『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』を使って作品を製作し、最も優れたチームが表彰されるというもの。特別ゲストにはお笑い芸人の小島よしおさんと、世界に14人しか存在しないレゴ公式ビルダーである三井淳平さんを迎え、イベントは和やかに進んでいきます。